公務員が任意整理する場合

公務員の人の場合、共済から借金をしているケースがしばしば見られます。

共済からの借金というのは、職場から直接借金をしているのとほぼ同じようなものです。

もしも、共済から借金をしているときに、自己破産や民事再生をすると、裁判所からの通知によって、職場にも借金が知られることになります。

任意整理の場合も、共済を任意整理の対象とすれば、職場にも当然知られることになります。

しかし、任意整理の場合は、自己破産や民事再生とは違って、債権選択ができるというメリットがあります。

したがって、共済だけを任意整理せずに他の借金を任意整理してしまえば、職場に影響を与えずに済みます。

公務員の場合は収入が安定していますから、仕事を辞めざるを得なくなるかもしれないリスクを背負って民事再生や自己破産をするよりは、任意整理で地道に働いて借金を返していくほうが安全と言えるでしょう。

公務員の場合、信頼度が高いこともあって、任意整理の交渉もすんなりとまとまることが多いですから、そういう意味でも任意整理がおすすめできます。 債務整理 山梨  http://villagecines.com